2022年3月卒業シーズンに思う事 ‐‐‐ 自分のなりたい自分になる。‐ 人生における真の喜びは、偉大だと思える目的のために生きることである。‐

 

This is the true joy in life, the being used for a purpose recognized by yourself as a mighty one.

 

- George Bernard Shaw(バーナード・ショー) -

 
人生における真の喜びは、偉大だと思える目的のために生きることである。

 



ほい。

最近、通勤経路を変えて、日比谷線イッポンで試行錯誤している理事長です

見かけても声かけないでください

しかし、トーキョーって、乗り換えなくても歩けるんだよね~

さいきんは誰も起きてこない時間に朝活を始めました

この、理事長がよ?

週末の夜はテニスの練習後オールで家飲みをし、PC またはテレビの前で寝落ちしていた理事長がよ??

 

諸般の事情で、鍛えているんですよ・・・・・・体づくりを、がんばっています

ゾッ(◎_◎;)

とにかく、もう、どうにもならなくなってしまい、禁酒。禁煙。その他もろもろ、もう全部やめて、いったんリセットしようぜって結論を出した。

 

わたしの場合は無理

 

テニスやる人って、ものすごいお酒も飲むし、アフターパーティも楽しんでいると思うんですけど、私の場合は無理。

 

体キツイ(‘◇’)ゞ

 

もう、無理・・・・・・・

 

どんなぐらい無理かっていうと、こんなぐらい無理だ

 

来月からプロの勇人くんと打つ

 

 

https://www.instagram.com/reel/CaRiXUQJa3X/?utm_source=ig_web_copy_link

 

やっぱり神奈川県大会、さくっと優勝した。大学生のうちに・・・・

もう15年以上も前から動画投稿をしているテニス仲間のAgStyleさんが、私の、ここの練習動画を見てくれてて、

「高橋選手のオフショットを僕のサイトでオンエアしましょうか~✨」

なんていう話をしていました。

AgStyleさんて知ってますか

正体は不明ということで、撮り鉄なみにテニスの試合を追いかけて撮影し、投稿しているテニスマニアのイケメンです。

さいきんも、一緒に試合を観戦しました

身近な大会に有名なプロが出ていて、すごい試合を見せてもらいました。

福田のバックハンドの縦回転みて。感動するよ!

一緒に観戦する仲間がいると楽しいです。

サッカーじゃないけど、いいショットが生まれたときに、ウェーブ起きるんじゃないかってぐらい、会場が元気良かった。

テニス観戦も、時代とともに、「じっとして見ている」というよりかは、ポイント間で大騒ぎする雰囲気になってきている気がします。

AgStyleさんと今年度の好きな試合がかぶっていて、会話が弾んで面白かった。

何度見ても面白いやつ

ご本人様、登場

エアケイ、もとい、シコラー、じゃまっっ

そのうちに挫折して消えた

シコラー他が特訓の厳しさについてこれなくなったため、この日から私は、マンツーで勇人くんと打っていた

いつの間にかトップスピンロブが上手くなってる。やっぱりテニスはトップスピン。強い縦回転。

学生生活最後の思い出になれて光栄です。

もう大変すぎて、寒くて、サーブが全然だめで、練習やりすぎて、もう本当に疲れた。

コレ最終日です

その一日前まで、まったく肩が回らなくて、デスクワークで、ばりばり何か書き仕事をしていて、本当に時間がなかった。

でも、勇人くんが燃えているので、つられて燃えてしまい、AgStyleさんに「あれ、何やってたんですか。」って言われてたんですけど笑

テニスを教えてくれていたので、その記録を気分転換に動画投稿したまでです。

田舎のおじいちゃんや岡山の親戚が、楽しみにしているようなので・・・・

どうか許してください

この動画で他の動画を紹介することができない設定になっているので、そのうちAgStyleさんのサイトで、プロのオフショット動画をアップする予定です。

これなんか大好きなシーン

「君はスマッシュが打てない」

 

あと、これなんかも大好きなシーン。

「最終日:プレースタイルのご提案」

・・

・・・・

こうして時間をおいてみると、このとき勇人くんが言っていた意味がすごくよくわかってきて、(縦回転)、本当に風が吹いた日に、そのロイヤルテニスクラブのハイレベルな大会で、プロの選手が戦っている姿を見て、学びにもなるし、考察にもなるし、マニアの友達が増えたりして、楽しいことが増えた。

 

先週のJOP100万円大会では、勇人くんは結構早めに竹島さんに負けちゃっていたんだけど、福田さんが出ていると知って、

「福田そらが来てたの? どうだった?? 土曜日の準決勝、見に行きたいなと思っているんだけど、どうだった?? 」

なーんて、勇人くんに根掘り葉掘り聞いて、

「福田さんプレーめちゃくちゃ上手いですよ! ものすごかったです。ボールも何も、そのへんのプロとは違います。観に行ったほうがいい。」

というような話を聞いて、うずうずし、朝早く起きて土日の予定を前倒しし、エアケイ(シコラー)と一緒に、野田の会場までテニスの試合を見に行った。

 

今週の大会は山梨の須玉のクラブヴェルデ(懐かしー----っ)で行われている、山梨北杜オープンっていう大会で、今日は川橋勇太と鈴木昂が対戦をしている。

もう結果は出ているはずだけど、鈴木が勝ったら事件である。

私は、川橋がグランドスラムに行くのを楽しみにしている。

私の中では、もっともグランドスラムに近い男。

何年か前に、かっつんと見ていたフューチャーズの試合で、オーストラリアのマックスパーセルっていう選手がいたんだけど、東京でやってたフューチャーズで片山と試合してたのね。

そのマックスパーセルっていう選手が、今はグランドスラムに出ていて、全豪オープンでダブルス、準優勝してる。

シングルスもラッキールーザーで上がって、あのモンフィスに勝っちゃってるらしいし、フューチャーズで勝って、地味に負けない選手は、地道にグランドスラムに行くんじゃないのかっていうのが、見ていて思うことかなー

片山も行けば勝てそうだけど、今さら海外に行くのも時差が・・・とか、水が・・・とか、ありそうなんで、もう行かないのかなっていうのが、私が持っている印象かな。

川橋は、行くと思うんですよ。

こんなこと言われて迷惑かもしれないけど、私は行くと思う。

その予想が当たったらうれしいから、いちおう書いておこうと思う。

勇人くんは、まだプロ始まってないから、プロが始まったらこれから考えてやりますっていうような話、してましたけどね・・・・・

スペインぐらいだったら見に行けると思うんですよ。スペイン語できるし、遠かろうが土地勘あるので、それぐらいの休暇も取れると思いますし。

土居美咲が全仏オープン、出ていましたよね。

勇人くんもスペイン行けばいいんじゃないかな~という気がしますけどね! あったかいし、物価も安いしねえ。親日国で、いいと思いますよ、本当。住みやすいと思います。いい人たちですしね。ポルトガルなんかも、テニスをやるには良さそうですけどね。安いし。他はどこに行っても高そう。

そんなプロになる前からグランドスラムの話されて迷惑そうな勇人くんですが、まあ、いいですよ。

日本の下部大会で頑張って、レッスンやイベントをやり、AgStyleさんやサークルのメンバーや、本気でテニスを上手くなろうとしている大学院生やデスクワークで肩が回らない人にアンダーサーブを教えて、どうやったら試合に勝てるかを解説してくれたり、テニスを教えて、一般市民の役に立ってね。

フットワークの強化練習最終日の様子がコレ(大会二日前)足、死んでます(‘◇’)ゞ

アンチに文句を言われまくるどっかの練習会でも足痛いなりにフットワークすごくて、勇人くんから褒められた笑

「取った!」とか言うのやめて欲しいでしょほんと(-_-;)

あの人たちは、私の顔を見るといじらないと気が済まないというか、ある一定のアンチの男連中の間では、自分がなかなかシングルスが上手くなれないからといって、理事長のことをからかっていじるところまでが練習になってるから。

もう遅い

私は、勇人くんのフットワーク強化特訓を受けて、おっさん連中をゴボウ抜きしたんであるよ。

↓コレで足、痛めてますからね右足。動き、速くてびっくりするやろ

最終回はこんな感じでした

自分のなりたい自分になる。とにかく本当に寒かった。

この特訓をやり遂げた私を、誰か、死ぬほど褒めて欲しい。

試合を取るか、練習を取るか、きわどい選択だったですよホント。

【シングルステニス・素晴らしい練習相手/高橋勇人編④_アンダーサーブ】2022年1月20日 マッチポイントかゲームポイントで必殺!

人生はテニスのシングルゲームと同じで、誰かが誰かを幸福にすることなどできない。他人にしてやれることなど何もない。他人のことをわかってやるのも無理だ。他人を支配するのも無理だし、支配されることもできない。 そして、もし何か他人に対してできることがあるとすれば、キラキラしている自分を見せてやることだけだ。キラキラする自分を示し続ける自信がない時、それは一つの関係が終わる時を意味する。

 

(村上龍「テニスボーイの憂鬱」)

 

関西大学の高橋勇人選手が、大学スポーツを引退し、私たちの社会人サークルにレッスンをやりに来てくれた。 女子シングルスの大会が近いので、人数が集まらなくても試合に向けて特訓をやろう!ということになった。 私が出る大会の試合球が、直近で勇人くんが優勝した大会での試合球だったし、その優勝賞品も、その試合球だったわけだ。 それぐらい素晴らしいボールを使って、素晴らしい戦術を教えてくれている姿を、お届けします。 もう学生最後。 今夜もう、関西に帰ってしまいます。 短い帰省の間に約束を守って私たちのレッスンをやり、「しっかり決勝に残ってレッスンに来れないようにします!」と宣言し、決勝に残ってたわりに最終日までレッスンに来た高橋勇人は、偉大です。 「一人でサーブ練習させるとかは心配なので、どうしても練習に付き合わせてください。」 そうだよな。 物騒だもんな。 ボディガード、ありがとーっ!

 

– 関西大学高橋勇人(春にプロへ転向)による、競技テニスレッスンです。-

 

(社会人テニスサークル「トップスピン」の練習風景です)